Archive for 3月, 2016

昇仙峡の魅力

車を運転する場所は日本全国にたくさん素晴らしい景観の土地があるのでとても迷いますが、山梨県にもドライブが満喫できる場所があります。韮崎ICからホッチ峠を走りぬけ、緑が美しい山々を眺めながら運転をしていきましょう。時間があれば少し車を止めて深呼吸して、綺麗な空気を胸いっぱいに吸い込んでリフレッシュするのもおすすめです。

日本一の渓谷美とも言われる覚丸峰は昇仙峡の主峰としても良く知られていて、仙娥滝もありますから四季折々の機構が作り出す自然の姿をじっくりと味わいましょう。春や夏の爽やかな新緑も見事ですが、秋にかけて色づく紅葉もまた見惚れてしまうぐらい素晴らしいものです。ゆっくりと車を走らせているだけでも清々しい気持ちになれますので、安全運転に気をつけながらたっぷりと自然のエネルギーを分けてもらいましょう。

近辺には食事どころやちょっとしたお土産などを購入できるお店もありますから、ドライブを楽しんだら休憩がてらそちらで腹ごしらえをしてゆっくりと寛ぎましょう。日々の喧騒とはまったく違う別世界が広がっている美しい自然の中へぜひ出かけてみましょう。ずっと走っていても飽きないほど素晴らしい風景が目の前に広がっていきます。

駿河から甲斐の国へ

今度のドライブはどこに行こう。そう考えている人もいるかもしれません。ここでは静岡から山梨へのドライブを紹介します。
静岡から山梨へのルートは、中部横断道が建設中の為、未開通区間は国道52号線を利用します。この国道は日本三大急流のひとつである富士川沿いにある為、富士川街道と呼ばれることもあります。途中、山の中の曲がりくねった道もありますが、交通量をそれほど多いこともなく、比較的運転がしやすい道であるといえます。道中には、巨大なタケノコのオブジェが目を引く道の駅や、日蓮宗の総本山である、身延山久遠寺のそばを通って行きます。山のきれいな空気を吸いながら、体力に自信のある人は、身延山の石段のぼりにチャレンジしてみるのもよいかもしれません。ロープウェイもあるので、紅葉の季節であれば、ロープウェイからの絶景を楽しむことができます。少し足をのばせば、戦国時代の武将である、武田信玄にゆかりのある下部温泉まで行くこともできます。日中の疲れを温泉で癒すのも悪くない選択だとは思いませんか。山梨のグルメといえば、鳥もつや、ほうとうが挙げられます。特にほうとうは、寒い時期に食べると体の中まで温まるので、食べたことがない人は一度試してみることをおすすめします。

富士山の眺めを楽しむ

富士山は、今や世界遺産にも認定されたこともあり、日本人ではなくとも世界中に知られる美しい山として有名なものです。まるで日本を象徴するかのような、穏やかな裾野まできれいに広がるフォーム、そして夏にも雪の残る美しい色合い、近くまで行って見ると圧巻されるような迫力のある部分など、人によっても様々な楽しみ方の出来る山としても人気です。ドライブで富士山の眺めを楽しもうということになると、富士山の近くまで行かなければと思う方もあるかもしれませんが、他県や東京都内からも富士山の眺めを満喫出来る場所は意外に沢山あります。例えば千葉の銚子の方へ渡ってみても、富士山を一望できるようなところもあるので、日の出の時間や日の沈む時間帯を狙うのもお勧めです。東京都心でも、思わぬところから富士山の美しさを堪能することが出来る場所があります。首都高に入り、小田原に向かって行くあたりから眺める富士山はやはり格別なものがありますし、山梨県であれば、やはり富士五湖の近くまで車を飛ばしてドライブすると、湖に映る逆さ富士を楽しむことが出来ます。これは近くまで行かなければ味わえないものであり、富士山ドライブの醍醐味と言っても良いでしょう。

八ヶ岳と清里の高原の魅力を

雄大な大自然の中、気持ちいいドライブをしたいと言う方に、八ヶ岳、清里方面へのドライブをお勧めします。東京方面からも名古屋方面からも、中央自動車道を使えばアクセス良好です。小渕沢インターで高速道路を降りることをおすすめします。高速道路の運転を終えたところで、休憩がてら、道の駅こぶちざわによってみてはどうでしょう。レストランや地元特産品はもちろんのこと、温泉、蕎麦打ち体験、クラフト体験、など一般的な道の駅とは一線を画す施設になっています。宿泊施設もあるので、活動の拠点にすることもできます。次のおすすめは、リゾートアウトレットです。大自然の中に70近くのショップが立ち並び、買い物好きな方にはたまりません。カフェにでも寄りながら、ゆっくりと、買い物ができるのが魅力です。そして、なんといっても、こちらの方面に来たら、高原の壮大な景色を楽しみたいですよね。ビーナスラインを使い、霧ヶ峰高原へ向かうことをお勧めします。澄み渡る空気の中、どこまでも続く広大な高原の風景はしばらく見惚れてしまうほど美しく、ここが日本である事すら忘れてしまうほどです。一年を通して、四季折々の美しい高原の風景を楽しむことができます。

カーナビを使いこなしてコースを決めよう!

山梨県をドライブするならカーナビは欠かせません。一番の見どころはやはり富士山でしょう。富士山をバックに河口湖をドライブするコースもおすすめです。また山梨と言ったら、たわわに実ったぶどうは外せません。さまざまな種類のぶどうが栽培されており、そのまるで宝石のような果実から作り出されたワインはまた格別です。ワインを堪能したいなら甲州辺りをドライブするのもいいでしょう。また最近人気急上昇なのが、長野県との県境にある清里高原です。美しい緑に囲まれ、周りは雄大な山々が連なり、まるでアルプスを思わせるような絶景でもあります。自然を生かしたイベントも多いのでおすすめです。初めて山梨県を訪れる場合も、カーナビがあれば安心です。目的地をセットすれば、一番近いルートで道案内をしてくれます。音声で案内してくれますので、車を止めて地図を広げる必要もなく目的地までたどり着くことができるでしょう。ドライブに出かけるときは、初めて訪れる土地も多いですから、カーナビは必需品と言っても過言ではありません。うまく使いこなせばどこへでも車で出かけることができますので、コースを決めたらさっそく家族や友人と出かけてみてはいかがでしょうか。

バーベキューもできる南きよさと

避暑地としても有名な清里にドライブに行こう。そんな人におすすめの道の駅を今日は紹介しようと思います。山梨県から長野県へと通じる国道141号線。自然も豊かな道を気持ちよくドライブしていると、道沿いに現れてくる道の駅。今回紹介する道の駅南きよさとです。
この道の駅のおすすめといえば、期間限定ではありますが、バーベキューができてしまうところです。施設内にある直売所や釣り堀で釣った魚をその場で調理することができるわけです。キャンプ場に行かずとも、道の駅でバーベキューができてしまう。これは、なかなか経験できるものではありません。釣り堀で魚が釣れなかったときに備えてというわけではありませんが、持ち込みをすることも可能ですので、営業状況等を確認するついでに持ち込みの詳細もそこで確認すればよいのではないでしょうか。
この道の駅の目玉は、バーベキューだけではありません。施設内にあるラズベリー農場や、野菜の直売所等、八ヶ岳の麓の自然の恩恵を受けた農産物を前に、興味は尽きず、もっと、いろいろなものを見てみたいと思うかもしれません。
ここで楽しみすぎて、ドライブの目的地の清里に着く前に遊び疲れた。そのようなことにならないように注意が必要かもしれません。

富士山がの景色抜群のなるさわ

きれいな景色を見たいと思ってドライブに行く人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめの道の駅をご紹介します。その道の駅は山梨県鳴沢村にあります。この鳴沢村は富士山のふもとに位置する村で、観光地としても有名な富士五湖とも近い距離にあります。また、富士山の火山活動の結果生まれた天然記念物である、鳴沢氷穴をはじめ、豊かな自然を生かした観光施設が多くあります。その中にある道の駅なるさわは、地元でとれた野菜等の物産館や博物館、軽食コーナーに加え、自然探索路等の設備を有しています。これを聞く限りでは、他の道の駅にある様な施設もあり、特徴がわかりにくいと思う人もいるかもしれません。実は、この道の駅の最大の特徴と魅力は、道の駅から見える景色にあります。駐車場に車を止めて車外に出るみると、目の前には富士山がそびえたっています。あまりの近さにびっくりすること間違いなしです。こんなに間近に富士山をゆっくり見られる場所というのはそうそうあるものではありません。きっと時間を忘れて見とれてしまうことでしょう。
富士山や富士五湖方面にドライブに行く機会があった際には、一度は立ち寄ってみたいスポットではないでしょうか。

こぶちざわで採れたて野菜を!

いつもいく近場のスポットではなく、少し遠出をするなら山梨県にある道の駅こぶちざわが良いでしょう。
山梨県にある道の駅の中でも大型の施設で、地元で採れた新鮮な採れたて野菜をお手軽な金額で購入することが出来るため、経済的です。
また、野菜だけではなく手作りのジャムや手作りパンなども販売していますので、お土産に持ち帰ると良いでしょう。
足湯も併設されていますので、長時間ドライブで疲れた足を癒すのに絶好の場所となっております。
事前予約が必要になってきますが、そば打ち体験なども行えるため、ご家族連れや友人同士複数人で訪れる予定のある方は予約をしておくと良いです。
新鮮な空気の中行うそば打ちは貴重な体験で、きっと良い思い出になります。
また、小腹がすいた方は併設されてあるカフェで食事をとりましょう。
カフェでは地元の食材をふんだんに使用した料理のほか、かつ丼や親子丼など定番の料理も格安で販売していますし、コーヒーや紅茶などのドリンク類のメニューも豊富にありますので、食事目的でなくてもちょっとした休憩に利用すると良いです。
小さな子供さんを連れて訪れた人は、ソフトクリームも販売していますので、おやつタイムにはもってこいです。

イベントもたくさんのたばやま

ドライブに行くときに、立ち寄ることの多い場所のひとつに道の駅をあげる人は多いのではないでしょうか。道の駅を訪れることにより、その土地の名産物を売っていたりするので、知らない土地であっても、その土地を知るすべになります。また、道の駅で行われているイベントに遭遇して、参加したら何か親近感が湧いてきたという経験がある人もいるのではないでしょうか。ここでは、イベントが多く開催されている道の駅を紹介します。
今回紹介するのは、道の駅たばやまです。丹波山村は、山梨県の北東部に位置し、多摩川の源流があるなど、自然が豊かなを有する山あいの村になります。この道の駅の特徴は、イベントごとの多さです。道の駅で行われるイベントは年に1回、あっても2、3回なのですが、ここでは特産品の収穫にあわせた収穫祭だけでも年に数回あるのが特徴です。また、このイベントを村全体で盛り上げるような雰囲気も相まって、さながら村祭りのような感覚を味わうことができるといっても過言ではありません。
普段訪れることがない場所に行って、その土地の良さを知る為には、その土地の人と交流する機会をもつこと。そんなチャンスをたくさん準備してくれている道の駅。なかなか素敵なのではないでしょうか。

避暑地山梨を楽しむ!ドライブコース

険しい山々に囲まれている山梨県には、冷涼な気候の場所が多いために、清里や富士五湖の周辺は避暑地としても人気です。甲府盆地では夏の暑さが大変に厳しいですが、ドライブで近くの山々へ行くだけでも、クールスポットとしての魅力を堪能できます。

八ヶ岳山麓のドライブコースには清里ラインがあり、広々とした高原風景が楽しめるために人気です。清里ラインへ向かうためには、中央道の須玉ICを利用すれば便利です。須玉ICで下車して、国道141号線へ入れば、短時間で八ヶ岳山麓へ向かうことができます。夏に訪れたときには、八ヶ岳高原の牧場で生産された乳製品を食べたり、新鮮な高原野菜を買うこともできます。

富士五湖のドライブコースへ向かうためには、中央道の河口湖ICを利用すると便利です。河口湖ICで下車すれば、富士山の秀麗な姿が目に入ってきますが、その大きさには圧倒されます。河口湖の周囲には快適な県道が整備されていますから、夏の季節には湖面からの涼しい風を感じながら、家族揃ってドライブを楽しめます。

山中湖へ訪れる場合には、東富士五湖道路を使うと便利です。河口湖よりも山中湖のほうが標高が高いために、気温は真夏でも十分に低くなり、常に爽やかな気分を満喫できます。a

最近の投稿