Archive for 5月, 2016

パワーステアリングフルードの交換について

パワーステアリングフルードは、自動車を支えるオイルの一種ですが、エンジンオイルのように金属粉などが混入して劣化しやすい他のオイルとは異なり、日常的に交換をする必要性はそれほどありません。しかし、まったく劣化しないオイルというわけではなく、長い期間にわたり運転している過程では、色合いが変わって劣化してしまいますし、分量が減って既定値を割り込んでしまうということもあるでしょう。そうしたパワーステアリングフルードの点検については、エンジンルームからかんたんに行うことができますので、まずは交換よりも点検のほうが先といえます。もしもパワーステアリングフルードの分量が、リザーバタンクの目盛りの規定値よりも少なければ、やはり交換ということになります。その際には、リザーバタンクのフタを開けて、中に入っている古いパワーステアリングフルードを吸い出して、新しい純正品に入れ替え、目盛りの高位と低位の間になるまで補充できれば終了です。粘度がきわめて低いオイルですので、器具があれは古いものの吸い出しはそれほど困難ではありません。ただし、温度によって膨張したり、気泡が入ったりしやすいものですので、分量については注意が必要です。

電動パワステ車の場合のパワステフルードの点検は不要?

パワーステアリングは現代にはなくてはならない機能となっています。多分現代の人が昔のステアリングを操作したら、その重さに驚くとともに、まともな取り回しはできないでしょう。パワーステアリングがその多くが油圧式という方法がとられてきました。エンジンの回転を利用してベルトでパワステ用のポンプを回し、そこで発生した油圧の力でステアリングを回す力を軽減しているのです。この油圧の使うのがパワステフルードという液です。これはエンジンオイルのように消費してしまう訳ではありませんから、基本的に減る事はありません。しかしパワステフルードを送る油圧ホースはゴム製なので、エンジンルームの高温によっていずれは劣化してしまいます。劣化によって亀裂が入るとパワステフルード液が漏れて不足し、パワーステアリングが効かなくなるのです。従って常に補充の7必要はなくとも量の点検は必要でした。しかし最近はバッテリー電圧が優れている為、電動パワーステアリングという方法が主流になりつつあります。この場合はそもそも油圧ホースがありませんから点検の必要はありません。もし電気関係にトラブルが発生した場合は、車内の警告等の点灯で教えてくれますので安心です。

パワーステアリングフルードの役割とは

パワーステアリングというのは、ステアリング、すなわちハンドルを扱うときに必要になる労力を軽減するため、油圧を補助的に利用したしくみのことです。
かつてのクルマといえば、ハンドルをいっぱいに切るためには、それなりに腕の力が必要とされていて、ハンドルが重いという表現をすることがしばしばでした。
しかし、現在のような油圧式のパワーステアリングが登場するようになって、女性でも軽々とハンドル操作が可能となったわけです。
このパワーステアリングですが、油圧で動くということから、パワーステアリングフルード、またはパワーステアリングオイルとよばれる油が重要な役割を果たしています。
だいたいの仕組みですが、まずはエンジンの力で油圧ポンプを回転させて、その力がパワーステアリングフルードに伝えられ、ハンドル操作にあわせて適切に油圧がコントロールされることによって、ハンドルが軽くなるようにしているのです。
このパワーステアリングフルードですが、エンジンオイルなどとはちがって、基本的に自前で定期的に交換する必要というのはほとんどありませんが、クルマを長年にわたって乗っていると、少しずつ減ってしまうことはあるため、そのようなときには純正のパワーステアリングフルードを整備工場などで補充してもらいます。

パワーステアリングフルードの点検方法

ハンドルを切る力をアシストしてくれるパワーステアリングは、快適な運転の為には欠かせないものの一つだといえます。油圧式のパワーステアリングを搭載している場合は、パワーステアリングフルードと呼ばれるオイルによって、その機能をはたしています。ここでは、その点検のポイントについて説明します。
点検をする為に、フルードが入っているリザーバータンクを確認しますが、その際にはポイントがあります。それは、エンジンを始動した状態で行うことです。また、ハンドルを左右に一杯まで切って元に戻した後に行うことも重要となります。その状態でリザーバータンク内のフルードの量をまずは確認します。目盛りが2本外側に付いているタンクであれば、その目盛りの範囲内にあれば、量はOKとなります。ついていないものの場合は、キャップを開けると測定用のゲージがあるので、それを用いて確認すれば問題はありません。あとは目視でオイル自体の汚れを確認すれば点検は完了となります。
パワーステアリングフルードは、エンジンオイルなど他のオイル等の様に、推奨される交換時期が示されない事がほとんどなので、例えば車検の時等、節目の際に交換する様にしておくと、きれいな状態を保つことができるのではないでしょうか。

パワーステアリングフルードの点検と交換について

パワーステアリングフルードは、ボンネットを開けて、エンジンルームにあるリザーバータンクから点検をすることが可能となっています。リザーバータンクは、通常は半透明になっていて、脇のほうに目盛りがいくつか付いているので、残量が既定の範囲内であるかどうかが直感的にわかるようになっています。もしもタンクが半透明でない場合には、キャップを開けてタンクの中を見ると、オイルゲージとよばれる棒のようなものが付属しているはずですので、いったんゲージについたパワーステアリングフルードをウエスなどで拭き取ってきれいにした上で、もとのタンクの中に差し入れて、ふたたび外にゲージを出して、ゲージに書かれている目盛りのどの程度の位置まで残量があるかを確認します。これもタンクが半透明である場合と同様に、ゲージの目盛りの既定の範囲内にあれば問題はないということになります。このパワーステアリングフルードは、著しく劣化したり残量が減ったりすることはほとんどありませんので、したがって交換も不要ということになりますが、長い期間にわたって自動車に乗っていた場合、少しずつ残量が減ってしまうということはあるものです。こうした場合には、タンクにメーカー純正の新しいパワーステアリングを補充したり、古いものと交換することになります。

LSD搭載車の交換は早めになるって本当?

LSD搭載車とは、LSD(リミテッド・スリップ・デファレンシャル)を搭載した自動車のことです。このLSDはディファレンシャルギアの滑りを制限する機能があるものです。
通常、カーブを曲がるさいには左右にあるタイヤが同じ回転数で回っているとスムーズに曲がることができません。ディファレンシャルギアでは、その状況に応じて自動的に外側になるタイヤの回転数を多くする機能がある部品になります。つまりカーブ時のタイヤの回転数を調整する装置になります。
しかし、一方でスポーツ走行をするさいには、高速でコーナーを曲がると遠心力による内側のタイヤが浮き上がってしまうことがあります。こうなるとディファレンシャルギアがご作動を起こしてしまい上手くカーブを曲がれないどころかスピンする危険性が増します。そのため、ディファレンシャルギアを制限する仕組みがLSDになります。
なお、ディファレンシャルギアにはスムーズにギヤが動くようにオイルで満たされていますが、前輪駆動には前、後輪駆動には後ろにあり4輪駆動の場合には前後に装備されています。エンジンオイルとは異なり頻繁に交換する必要はありませんが、最低でも5万キロになったら交換するのが良いとされます。一方でディファレンシャルギアに制限を加えるLSDを搭載している場合にはオイルの劣化が激しくなるため早めに交換する必要があります。

デファレンシャルギヤオイルの交換方法

デファレンシャルギヤは、走行中に曲がるときに左右のタイヤのバランスを調整する内容を示すものであり、快適な環境を実現させるためには必要となるエッセンスです。滑らかな駆動を実現させるためにも、潤滑油が大事なものになっていき、現在メンテナンスにおいてもその部分にオイルが塗られるような状況になっています。またデファレンシャルギヤは複雑に絡み合った歯車で構成されているものであることから、定期的に確認する習慣をドライバーも持ち合わせていく方向性が大切なのです。一般的には総距離8万キロになれば劣化が始まることもわかっているので、内部の構造に詳しい整備士等へ依頼して、デファレンシャルギヤの状態を見る姿勢が重要になるわけです。
交換方法においては、メーカーが指定した規格に合う部品を選んで、オイルを塗りつつはめ込んでいくというパターンが主流になっています。人気に合わせたデファレンシャルギヤが開発されていますが、過去に販売されたモデルにおいては若干交換方法が異なっているため、その辺りを注意していくようにすることが重要なのです。よって登場する日時や場所を特定させれば、デファレンシャルギヤの概要がしっかり見えてきます。

デファレンシャルギヤオイルの役割とは?

デファレンシャルギヤオイルは走行する距離に比例して徐々に劣化していくものになりますが、適量を常にキープしていくことになれば少しでも新品に近い状態をキープさせることができます。内部の歯車の相性が大きく関与していくものになるため、細菌は本来の役割を慎重に確認するような体制が敷かれているのです。また定期的な交換を施していくという意識が肝心なポイントになっていくため、まずは走行に支障が出にくい環境を実現させるようにする部分から開始するといった行動が不可欠になるわけです。細かい部品は代替品を探していくこと自体に苦労していくので、揃えられる状態のときに全て収集していくといった意識が肝心となります。
その一方で内部の摩擦を軽減していくような内容がインターネット上でも多数掲載されている傾向となっているため、状況に応じた使い方をしていく意識が大切です。基本的は3年を目安に交換するのが理想的であり、デファレンシャルギアオイルにおいては規格や対応する種類別に慎重に確認する姿勢が問われます。メーカーが指定している部品からオプションパーツで兼ね備えるようなものまで幅広いラインナップが用意されているので、まずは基本的なものから知ることが重要です。

デファレンシャルギヤオイルの点検の重要性

約4万kmの走行を超えたところからマイカーの部品は劣化していきますが、デファレンシャルギアにおいては、劣化の度合いが急激になっていく部分が見られるため、走行にどのくらい影響があるかをじっくりと確認していく姿勢が重要です。最近は整備の段階でも積極的にデファレンシャルギヤを確認していくような動きが見られますが、内部の歯車についてはプロにしかわからない要素も多く存在しているので、きちんとした点検が不可欠となっていきます。
一方で交換の時期はメンテナンスの機会を目途に考えていくことが無難ですが、古いオイルは更なる劣化を引き起こす可能性も含まれるため、まずは全部取り除いてから具体的なケアに入る部分が重要なのです。曲がるときにデファレンシャルギヤの性能における差が出ていくことから、レースに使用されるものにおいてもこの部分をきちんとチェックするような習慣が身についています。
それからデファレンシャルギヤの内部は主に摩擦を利用して駆動させていくタイプが大半であることから、搭載される機能との相性がこれまで以上に重視されているのです。基礎的な点検をコツコツ行えば、大きなメンテナンスになった際にスムーズなやりとりをしていくことにもなるわけです。

パワステオイルとデフオイルの選び方のポイント

ハンドルのパワーステアリングをスムーズに動かすためのパワステオイル、ディファレンシャルギアをスムーズに動かすデフオイルなどエンジンオイル以外にも車にはさまざまなオイルが使用されています。

パワステオイルが劣化したり汚れてくるとハンドルが重くなります。メーカー指定の純正オイルのほか、ATFなどを選ぶようにしましょう。パワステオイル自体が熱を持つ前に、4万から5万キロごとに交換するのがおすすめです。オイルの漏れ止めのパッキンまで劣化するとオイルがにじみ出てきてしまう可能性もあります。

ディファレンシャルギア自体は耐久性があるため故障はほとんどありませんが、デフオイルの定期的な交換は必要エス。メーカーによって、2万キロごと、あるいは2年から3年に1度の交換が指定されています。ディファレンシャルギアケースを分解しないとオイルが排出できなかったり、ミッションオイルと共有していて単独で交換が不可能なケースなどそれぞれに形式が異なるため仕様書にしたがって対応する必要があります。デフオイル交換によって左右の内輪差を解消して滑らかな走りとなります。

エンジンオイル以外にもさまざまなオイルがあるので交換時期に注意して使用しましょう。

最近の投稿