バイオ燃料が環境面で劣っていることとは?

バイオ燃料は、生物のエネルギーを利用することで燃料として使用し、従来の燃料に比べて二酸化炭素の排出が少ないことから環境に優しい燃料として注目されています。トウモロコシなどの作物を、燃料として利用できる油に変換して用います。燃焼された際に二酸化炭素を排出しますが、作物の状態で吸収していた分の二酸化炭素が排出されるだけなので、トータルで見ると二酸化炭素の排出がないと考えることができます。地球温暖化を防ぐために非常に良い方法とされていますが、デメリットも存在します。一つは食物としての利用と競合してしまうという点で、燃料のために作物を利用し過ぎてしまうと作物の価格が高騰してしまい、食料難で困ってしまう人々がでてきます。また、燃料をつくるための作物を耕すには広大な土地が必要となります。現在は、利益を求めて規制がない状態で熱帯雨林等の伐採が行われており、バイオ燃料自体は環境に良いのですが、それを作る土地を確保するために環境破壊が行われてしまっています。これでは、結果的に環境は破壊されているので、再生可能な仕組みを作って燃料を確保していく必要があります。最近では、食用でない植物を使ってバイオ燃料をつくる試みもなされています。

Comments are closed.

最近の投稿