バイオ燃料が経済面にもたらすこととは?

自動車の燃料は石油から加工されるガソリンや軽油などが主流でしたが、近年ではトウモロコシなどの生物資源から精製することができるバイオエタノールが石油代替燃料として注目を集めています。
石油は中東などで生産され、日本に輸入されており、産油国の生産量の調整などによって石油の価格も大きく変動することによって、経済面で対策が求められることになります。
バイオエタノールは植物から作られており、トウモロコシやサトウキビに含まれている糖分を発酵させて精製されています。
バイオエタノールは植物から作られているので、育てるまでにCO2を吸収しているしていると計算されているので、バイオエタノールで走行した際にでるCO2は温室効果ガスの排出とみなされていないので、地球温暖化防止対策となっています。
また、トウモロコシやサトウキビを育てる農家なども新しい需要ができるので、日本で大量の雇用を生み出すことになることから経済面でも非常に高い効果が出ています。
遺伝子組換え技術によってより効率的にトウモロコシやサトウキビを育てることができ、生産量を増大させ安定教習する技術開発も進んでおり、技術革新によってさらにバイオエタノールの需要も増えることが予測されています。

Comments are closed.

最近の投稿