バイオ燃料を使用するメリットとは

バイオ燃料は、原料となる生物資源が二酸化炭素を吸収し光合成を行う為、燃焼させても二酸化炭素は増加しないカーボンニュートラルと考えられ、糖質を発酵させ作られるエタノールと原料の燃焼ガスを改質して作られるメタノールがあり、ガソリンと混合する為のバイオエタノールと代替燃料のバイオディーゼル燃料の2種類が製造されています。
枯渇が心配されている化石系原料に対して太陽と水と大気があれば持続的利用可能なバイオ燃料は、政情不安な中近東地域より遠路遥々多大な費用と日にちをかけて輸送する必要が無く、有事の際にも過去にあったオイルショックの様な騒動の心配が軽減されます。経済産業省は、リスク分散や確実で安定的な供給確保の為に、バイオエタノールを添加したガソリンの導入を推進しています。
バイオ燃料の使用は、二酸化炭素の排出量削減のメリットだけでは無く、自国の農業振興を促進の一面もあり、自国でバイオ燃料が製造できれば自国の燃料自給率の向上にも繋がるメリットがあります。
又、バイオ燃料は、二酸化炭素だけで無く、硫黄酸化物の排出が全く無く、加えて一酸化炭素や炭化水素の排出量が少ないメリットもあり、とても環境保護に役立つ燃料と言えます。

Comments are closed.

最近の投稿