代替燃料としての水素燃料電池とは?

資源問題として常に石油関連の市場では世界的に問題視されてしまうことがあります。石油では枯渇問題などが浮上することも度々発生しており、資源を有効利用する働きが生まれています。しかし、車社会となった現在では以前では発展途上にあった国でも、自家用車を持つ方々が急増している国もあって、世界的な規模ではガソリンの使用量が増加していることも事実です。そこで各自動車メーカーでは、いわゆる代替燃料というものを開発しており、実際に現在では主流になりつつある車種ではハイブリッド車などが台頭しています。代替燃料として利用されているものの中には、水素電池を活用している自動車も存在しています。水素燃料電池車とも呼ばれることのある自動車ですが、その構造は水素を充填するタンクを用意しており、走行中に取り入れる酸素と結合させて、駆動用のバッテリーをチャージする方法です。次にバッテリーからモーターに電気が流れることによって、モーターの動きによって自動車を走行させることができる内容です。水素電池車に関しては公害問題とされている二酸化炭素を一切発生させないことになり、クリーンエネルギーとして用いることができます。また、水素の充填に関しても従来型のガソリンと同じように入れることができ、実用化が進められています。

Comments are closed.

最近の投稿