デファレンシャルギヤオイルの点検の重要性

約4万kmの走行を超えたところからマイカーの部品は劣化していきますが、デファレンシャルギアにおいては、劣化の度合いが急激になっていく部分が見られるため、走行にどのくらい影響があるかをじっくりと確認していく姿勢が重要です。最近は整備の段階でも積極的にデファレンシャルギヤを確認していくような動きが見られますが、内部の歯車についてはプロにしかわからない要素も多く存在しているので、きちんとした点検が不可欠となっていきます。
一方で交換の時期はメンテナンスの機会を目途に考えていくことが無難ですが、古いオイルは更なる劣化を引き起こす可能性も含まれるため、まずは全部取り除いてから具体的なケアに入る部分が重要なのです。曲がるときにデファレンシャルギヤの性能における差が出ていくことから、レースに使用されるものにおいてもこの部分をきちんとチェックするような習慣が身についています。
それからデファレンシャルギヤの内部は主に摩擦を利用して駆動させていくタイプが大半であることから、搭載される機能との相性がこれまで以上に重視されているのです。基礎的な点検をコツコツ行えば、大きなメンテナンスになった際にスムーズなやりとりをしていくことにもなるわけです。

Comments are closed.

最近の投稿