電動パワステ車の場合のパワステフルードの点検は不要?

パワーステアリングは現代にはなくてはならない機能となっています。多分現代の人が昔のステアリングを操作したら、その重さに驚くとともに、まともな取り回しはできないでしょう。パワーステアリングがその多くが油圧式という方法がとられてきました。エンジンの回転を利用してベルトでパワステ用のポンプを回し、そこで発生した油圧の力でステアリングを回す力を軽減しているのです。この油圧の使うのがパワステフルードという液です。これはエンジンオイルのように消費してしまう訳ではありませんから、基本的に減る事はありません。しかしパワステフルードを送る油圧ホースはゴム製なので、エンジンルームの高温によっていずれは劣化してしまいます。劣化によって亀裂が入るとパワステフルード液が漏れて不足し、パワーステアリングが効かなくなるのです。従って常に補充の7必要はなくとも量の点検は必要でした。しかし最近はバッテリー電圧が優れている為、電動パワーステアリングという方法が主流になりつつあります。この場合はそもそも油圧ホースがありませんから点検の必要はありません。もし電気関係にトラブルが発生した場合は、車内の警告等の点灯で教えてくれますので安心です。

Comments are closed.

最近の投稿