ガソリンの代替燃料とは

ガソリンの代替燃料として注目されているものの一つにバイオ燃料と呼ばれる燃料があります。これは生物由来の燃料のことを言い、おもに植物を育てて燃料に変えて使用することを打ていしています。大きく分けて二種類が存在しており、一つは従来のガソリンに混ぜて利用することが出来るバイオエタノールと呼ばれるものと、代替燃料として直接利用できるバイオディーゼルの二種類です。
これらのバイオ燃料が石油から作られる燃料の代替燃料として期待されている背景には主に二つの理由があります。一つは自然に眠っているものを発掘して使用するのではなく、人間の手で育てて作ることが出来るという点があります。このことにより計画的な生産を行うことが可能になるのです。
そしてもう一つが二酸化炭素などの温暖化を促進する温室効果ガスの問題です。バイオ燃料を使用しても二酸化炭素は発生しますが、製造過程で植物が二酸化炭素を取り込んで成長するため相対的に温室効果ガスの総量を抑制することが出来ると考えられているのです。この様な二重のメリットによりバイオ燃料は将来性が高く評価されている期待の燃料としての固めることになりました。現在では様々な植物を利用して効率的に燃料を精製する研究が進められています。

Comments are closed.

最近の投稿