歩道とバリアフリー施策

体が健康であり、普通に生活をしていると、あまり道路や交差点などの交通関係の場所に関して気になることはないでしょう。しかし、手足が不自由で普通に歩くことが困難だったりして、車いすや杖を利用していたり、視覚障害があったりすると本当に苦労します。これは、その立場にならないとなかなかわからないものです。しかし、理解を深めることはできます。ですから、いろいろなパターンで物事を考え、誰もが生活をしやすい日本にしていきたいものです。
電車の駅やバスなどでも、最近ではバリアフリー構造が見られるようになりました。エレベーターやエスカレーター、点字や点字ブロック、音の鳴る信号など、数年前にバリアフリー法ができてからかなり普及してきたのです。
歩道に関しても同様です。段差を少なくし、傾斜や勾配にも気を使いながら、フラットに改良をする動きがあります。また、点字ブロックの意味を知り、その上に障害物を置かないようにするなども大切なことです。
しかしながら、現在の日本では公共施設や福祉施設などの周辺はそういった気遣いができても、少し離れた一般の交差点ではまだまだ改良の余地があります。ですから、今後行政も誰もが利用しやすい環境にしていくことが課題になっているのです。

Comments are closed.

最近の投稿