異音が!車の走行中に異音が発生したときの対策

車の走行中に異音が発生した場合はどこの場所から起きているのかきちんと原因を究明することが必要です。この場合にはとりあえず応急処置をして走ることも出来る場合もありますし、その場に止めてレッカー移動をしてもらった方がいい場合もあります。多く起きやすいのがブレーキ関連の異音です。これは車の安全性能に関わってくる場合もあるので、早急に調べることが大事です。単にグリス切れなどの簡単にリペア出来る場合もありますから、すぐにグリスをさせるようであればそれで解決される場合もあります。単にブレーキパッドがすり減ってしまって金属が触れ合ってしまっているような場合は、すぐにパッド交換が必要になってきます。タイヤも異常な音が出る可能性がある場所です。この場合もタイヤの経年劣化や空気圧の問題など、比較的簡単に解決出来る場合があります。空気圧不足の場合はガソリンスタンドなどで簡単に入れることが出来るので、早めに入れることが望ましいです。また経年劣化してしまったタイヤも交換の必要があります。ひび割れていないかやミゾがどうなっているのかを確認して交換が必要になってきます。プロペラシャフトやドライブシャフトなどの駆動系は専門の所で整備してもらうことが賢明です。

Comments are closed.

最近の投稿