見落としがち!こまめな整備点検について

車を安全に運転するためには、こまめな整備点検が必須です。
法律で定期的に点検を義務づけられているほどです。
車の部品は消耗品なのです。
ですから、エンジンをかけているだけで、ピストンやベアリング、ベルト類などが傷んでくるのは避けられません。
実際に走りだすと、タイヤブレーキ部品なども磨耗や損傷をいたします。
たとえ、走行しなくても、期間が経つだけで、バッテリやオイルなどが劣化してしまいます。
車を長持ちさせ、安全に運転するために、日常の整備点検が欠かせないのです。
また、車のトラブルは、自分だけでなく、まわりにも大きな悪影響をもたらします。
公道を走りますので、運転中に故障が起こってしまったら、交通の流れを乱してしまうことも珍しくありません。
渋滞の原因になることで、不特定多数の人々の時間を奪ってしまうことになります。
運転する人は、常に安全を最優先し、周囲への配慮を心がけることが大切です、
車のトラブルを防ぐために、整備点検が重要になってくるのです。
世の多くの人が整備点検の必要性を認識しながら、今まで何ともなかったから、との理由で、実際には怠っている事例は多いです。
そして、トラブルに直面して、はじめて事の重大さに気づくのです。
車の運転をする人は、自分で車を守るという積極的な姿勢が大事です。

Comments are closed.

最近の投稿