なぜ警告灯が?メーターパネル内に点いたときの対処法

自動車のメーターパネルの中に、幾つかの警告灯があり、点灯や点滅によって車の異常などを知らせてくれるシステムで、赤色が危険、黄色が注意、緑色が安全と色分けされていて、国際規格によって世界共通となっています。
メーターパネル内に警告灯が点灯や点滅した場合、種類によって対処法が異なりますが、車種によって種類も異なります。
エンジンは制御系などにトラブルが発生している時の警告で、排気温は触媒が装置がオーバーヒート状態になった時の警告で、充電はオルタネータやベルトなどの状態が異常な時の警告で、水温の赤色表示は冷却水の温度が異常に高い時の警告で、油圧はエンジンオイルの圧力が不足している時の警告で、これらの警告が出た場合は、走行時であればすみやかに車を安全な場所に停車させ、販売店などに連絡します。
SRSエアーバックはシステムの異常などの警告で、ブレーキはブレーキフルードの不足や油圧の異常などの警告で、これらの警告が出た場合はなるべく走行は控えて販売店などに連絡します。
ドアはハンドアの時に警告で、シートベルトは装着していない時の警告で、燃料は残量が規定値以下になった場合の警告で、これらの警告が出た場合は、それぞれ個々に対処します。

Comments are closed.

最近の投稿