荷室が見えやすいので車上狙いの標的になりやすい

車を買い替えるときって、色々悩みますよね。車種、カラー、オプション、価格、悩みどころはたくさんあります。特に家族構成が変わった際は、車の買い替えの検討をされる方が多いでしょう。そんな時に乗車人数だけでなく気になるのが、荷室の広さと、荷物の出し入れの手軽さではないでしょうか。
その種類には大きく分けてセダンタイプ(トランク)とハッチバックタイプがあります。その中でも、ハッチバックタイプは荷物がたくさん入る場合が多いですし、取り出しも容易で人気となっています。
でもちょっと待ってください。ハッチバックにはメリットだけでなく、デメリットもあります。それは、外から丸見えになってしまうことです。セダンタイプなどではトランク形式のため、外から見ることができません。ですがハッチバックでは外から見えてしまうので、車上狙いの格好の獲物となってしまいます。もちろん最近ではガラスを割られたりドアを開けたりすると警報が鳴るような仕組みも多くありますが、すぐに逃げられてしまった場合は、どうしようもありません。
対策としては、車に乗らないときはなるべく荷物を置かないようにすることがありますが、なかなか、そうもいかないことも多いはず。
こういった要素も、購入の際の検討しなければならないこととして、頭の隅に置いておくと良いでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿