パワステオイルとデフオイルの選び方のポイント

ハンドルのパワーステアリングをスムーズに動かすためのパワステオイル、ディファレンシャルギアをスムーズに動かすデフオイルなどエンジンオイル以外にも車にはさまざまなオイルが使用されています。

パワステオイルが劣化したり汚れてくるとハンドルが重くなります。メーカー指定の純正オイルのほか、ATFなどを選ぶようにしましょう。パワステオイル自体が熱を持つ前に、4万から5万キロごとに交換するのがおすすめです。オイルの漏れ止めのパッキンまで劣化するとオイルがにじみ出てきてしまう可能性もあります。

ディファレンシャルギア自体は耐久性があるため故障はほとんどありませんが、デフオイルの定期的な交換は必要エス。メーカーによって、2万キロごと、あるいは2年から3年に1度の交換が指定されています。ディファレンシャルギアケースを分解しないとオイルが排出できなかったり、ミッションオイルと共有していて単独で交換が不可能なケースなどそれぞれに形式が異なるため仕様書にしたがって対応する必要があります。デフオイル交換によって左右の内輪差を解消して滑らかな走りとなります。

エンジンオイル以外にもさまざまなオイルがあるので交換時期に注意して使用しましょう。

Comments are closed.

最近の投稿