パワーステアリングフルードの点検方法

ハンドルを切る力をアシストしてくれるパワーステアリングは、快適な運転の為には欠かせないものの一つだといえます。油圧式のパワーステアリングを搭載している場合は、パワーステアリングフルードと呼ばれるオイルによって、その機能をはたしています。ここでは、その点検のポイントについて説明します。
点検をする為に、フルードが入っているリザーバータンクを確認しますが、その際にはポイントがあります。それは、エンジンを始動した状態で行うことです。また、ハンドルを左右に一杯まで切って元に戻した後に行うことも重要となります。その状態でリザーバータンク内のフルードの量をまずは確認します。目盛りが2本外側に付いているタンクであれば、その目盛りの範囲内にあれば、量はOKとなります。ついていないものの場合は、キャップを開けると測定用のゲージがあるので、それを用いて確認すれば問題はありません。あとは目視でオイル自体の汚れを確認すれば点検は完了となります。
パワーステアリングフルードは、エンジンオイルなど他のオイル等の様に、推奨される交換時期が示されない事がほとんどなので、例えば車検の時等、節目の際に交換する様にしておくと、きれいな状態を保つことができるのではないでしょうか。

Comments are closed.

最近の投稿