パワーステアリングフルードの点検と交換について

パワーステアリングフルードは、ボンネットを開けて、エンジンルームにあるリザーバータンクから点検をすることが可能となっています。リザーバータンクは、通常は半透明になっていて、脇のほうに目盛りがいくつか付いているので、残量が既定の範囲内であるかどうかが直感的にわかるようになっています。もしもタンクが半透明でない場合には、キャップを開けてタンクの中を見ると、オイルゲージとよばれる棒のようなものが付属しているはずですので、いったんゲージについたパワーステアリングフルードをウエスなどで拭き取ってきれいにした上で、もとのタンクの中に差し入れて、ふたたび外にゲージを出して、ゲージに書かれている目盛りのどの程度の位置まで残量があるかを確認します。これもタンクが半透明である場合と同様に、ゲージの目盛りの既定の範囲内にあれば問題はないということになります。このパワーステアリングフルードは、著しく劣化したり残量が減ったりすることはほとんどありませんので、したがって交換も不要ということになりますが、長い期間にわたって自動車に乗っていた場合、少しずつ残量が減ってしまうということはあるものです。こうした場合には、タンクにメーカー純正の新しいパワーステアリングを補充したり、古いものと交換することになります。

Comments are closed.

最近の投稿