石油に代わる次世代燃料と使用方法について

石油に代わる次世代燃料の中で期待されているのがバイオエタノールです。バイオエタノールのメリットは二酸化炭素の排出量が少ないことや、石油が枯渇したとしても植物から作れることです。バイオエタノールの活用方法として自動車の燃料があります。バイオエタノールはガソリンと混合して使用しますが、海外ではバイオエタノールの配合比率が様々です。100パーセントのバイオエタノールが使用されていることもあります。バイオエタノールはガソリンの代わりとして立派に活躍できる次世代燃料です。しかし植物から大量に作るようになった場合、食用にするはずの植物までもが減少して農作物の価格が大きく上昇する恐れもあります。また環境に優しい次世代燃料として注目されているのが水素燃料電池です。水素と酸素の化学反応によって電気を生み出し、水だけを排出するクリーンなエネルギーです。水素燃料電池は水素を供給すれば自力で発電を続けられるので、水素と酸素で発生させた電気によって自動車を動かすことも可能です。しかし水素燃料電池を実用化するには水素ステーションの普及が必要になりますし、一般的なハイブリッドカー程度まで価格が下がるにはまだ時間がかかります。

Comments are closed.

最近の投稿