車の車内温度はどこまで上がる?晴天下じゃなくても気をつけるべき理由

車は日光を受けやすいため、特に夏の晴天下において、車内温度はぐんぐんと上昇してしまいます。
車内に子どもや犬を置いておくのはもちろんのこと、缶ジュースやペットボトルを放置しておくのは絶対に危険です。
また真夏のみ注意しておけば大丈夫と思いがちですが、実際は秋や冬でも車内温度は上がりやすいため、注意が必要です。
秋でも締め切った車内で日光が当たったままだと、車内温度は50度近くまで上昇します。
エアコンを入れた状態でも30度ほどと、晴天下の状態で車内にものを放置しておくと、思わぬ破裂や怪我の危険性が高まります。
たとえ晴天下ではなくても、車内だけでなくダッシュボードや一部に日光が当たったりしてしまうと、温度は上昇します。
車の中は常にサウナと同じような状態だとインプットし、長く車を置く時はものを車内に置かない状態を心がけることが重要です。
じっとしているだけでも汗が出る状態の車内は、シートベルトを触ることも出来ないほど温度が上がります。
また逆に冬は、寒さがこもりやすいため非常に冷えやすくなるため、万が一の時のために毛布などを常備しておくこともおすすめです。
晴天下であってもエンジンをかけない状態だと、車内温度はぐんぐんと下がってしまうため、放置は危険な状態になります。

Comments are closed.

最近の投稿