植樹帯、並木、柵などの整備の重要性について

健常者であれば、日頃歩道や交差点などを何の違和感もなく、歩いていることでしょう。段差があろうとも、障害物があろうとも避ければいいので、問題はないのです。 しかしながら、体に障がいがある人や高齢者の人、怪我をしている人などでは、そういったちょっとしたことがとても気になって、重要なことになるのです。考えてもみれば、車いすの人が段差のあるところを進みたいと思っても、なかなかできなかったり、本来ならば、何もないことを想定して設置されているような点字ブロックなども上に自転車や自動車が停めてあれば、本当に困ります。 やはり社会的に弱者と呼ばれるような人の気持ちになって考えるべきことなのです。また、自分たちが将来、衰えてきたときにも同じような思いをすることでしょう。 歩道を行く時には、植樹帯や並木、そしてそういった植物を囲っている柵などは、きちんと整備されるべきです。それが通行の邪魔になったり、木の枝などが飛び出ていて、怪我をする原因になることもあるのです。行政で通常されるべきことですが、すべてをそのように整えるのはとても難しいことではあります。 これからの日本では、ノーマライゼーションの精神を大切にしていきたいところです。

Comments are closed.

最近の投稿