障がい者向けのバリアフリーとは

日本でも福祉の分野に、かなり力を入れるようになっています。以前は、他の先進国に遅れをとっていた日本ですが、諸外国を見習い、障がいのある人でも、高齢者でも、小さい子供でも人権を守られるべきであり、だれもが暮らしやすい世の中にしようという考えから、ノーマライゼーションやバリアフリーといったことがいわれるようになっているのです。
バリアフリーというのは、生活をしていく上で、いろいろ場面の障壁をなくすことです。例えば、家の中では段差を部屋と廊下での段差をなくし、躓いたりすることがないようにしたり、車いすでの移動もスムーズにできるように、スロープを作ったりすることなどです。
数年前に、バリアフリー法というものができて、公共の施設などでのエレベーターやエスカレーターなどでの段差対策や車いすなどの人のためのトイレの設置、点字の表示、駐車場の便利な場所での車いすスペースや表示、低床式のバスや音声案内付きの信号機、点字ブロックの設置などがその具体的な内容になっています。
このように、障がい者でも普通の暮らしができるように行政での取組みも進めていき、さらにはこれからは一般の人たちの意識も変えていくことも大切でしょう。

Comments are closed.

最近の投稿