定員乗車時には荷物をあまり積みこめない

エンジンルームと居住スペース、そしてトランクルームと、空間が3つに分かれたセダンタイプとは違い、居住スペースとトランクルームを一体化する事で、より大きな物を積み込む事が可能な事で人気となっているのが、ハッチバックタイプの車です。
ハッチバックの魅力は、状況に合わせて様々な使い方が出来る事です。
シートを立てた状態であれば、定員までの人数の乗車が可能で、シートを倒す事により、様々な物を積み込む事が出来るようになります。
トランクルームと居住スペースが一体化となっている事で、長い物であっても、積み込む事が可能となります。
シートを倒す事で、寝るスペースを作る事も可能で、車中泊を考える場合にも最適な車です。
ただ、デメリットとなるのが、トランクルームと居住スペースが一体となっている為、定員まで人が乗車した場合、荷物を積める量が減ってしまう事です。
居住スペースが広く、多くの人数、多くの物を積み込む事が出来るというイメージを持つ人は少なくありませんが、シートを立てて使えば、それだけ物を積み込む空間は少なくなってしまいます。
ですから、実際にハッチバックタイプの車に乗る際は、乗車する人数と積み込む物の量のバランスを意識する事が大切です。

Comments are closed.

最近の投稿