運転に集中!走行中の留意点まとめ

車を走行するにあたっての走行中の注意するべき点は、まず、車はある程度は自分の思い通りに動いてくれるが100%は思うように動かないため、自分の技術だけに頼らず、性能や機能なども考えて運転することが必要です。また、車のフロントガラスからは前方の状況を確認することができるが、後方や車のサイドの状況を確認することは難しいため、ルームミラーやドアミラーでちょくちょくと確認する必要があります。しかも、走行中に確認しなければならないので、運転中にかなりの集中力が必要になります。車には、必ずドライバーが確認することのできない死角というところが存在します。特に大型のトラックなどになれば死角は大きくなります。ドライバーが確認することのできない死角によって事故が起こることが多くあります。したがって、確認できない場合でもミラーなどを上手く利用して、細心の注意を払う必要があります。注意を払うだけでなく、自分の持っている想像力を働かすことで事故を防ぐ確率が上がります。また、酒気帯び運転なども法律で禁止されていて、違反した場合罰が課されるが、酒気帯び運転による死亡事故なども多くなっているため、飲酒を行った場合車を乗らないようにすることも必要です。

Comments are closed.

最近の投稿